道路交通法


運転代行小田原

道路交通法主な改正点


道路交通法等が(2007年9月19日施行)改正され飲酒運転が強化されております

飲酒運転される者に対する罰金及び懲役などによる

罰則とならぬよう今一度道路交通法の改正後をお確かめ下さい。



◆罰則酒酔い
改 正 前
3年以下の懲役または 50万円以下の罰金
改 正 後
5年以下の懲役または 100万円以下の罰金


●酒気帯び
改 正 前
1年以下の懲役又は30万円以下の罰金
改 正 後
3年以下の懲役又は50万円以下の罰金


◆飲酒検査拒否
改 正 前
30万円以下の罰金
改 正 後
3ヶ月以下の懲役又は50万円以下の罰金


●救護義務違反(ひき逃げ)
改 正 前
5年以下の懲役又は 50万円以下の罰金
改 正 後
10年以下の懲役 又は100万円以下の罰金


◆飲酒運転をするおそれの ある者に対する「車両の提供」
改 正 前
※刑法のほう助規定などを援用
改 正 後
運転者が酒酔い 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
改 正 後
運転者が酒気帯び 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金


●飲酒運転をするおそれのある者に対する 「酒類の提供」 運転者が酒酔い
改 正 前
※刑法のほう助規定などを援用
改 正 後
3年以下の懲役 又は50万円以下の罰金
改 正 後
運転者が酒気帯び 2年以下の懲役 又は30万円以下の罰金


◆酒気を帯びた者が 運転する 車両への「同乗」 (自己の運送を要求)
改 正 前
※刑法のほう助規定などを援用
改 正 後
運転者が酒酔い 3年以下の懲役又は50万円以下の罰金
改 正 後
運転者が酒気帯び 2年以下の懲役又は30万円以下の罰金




※「酒気帯び運転」は、呼気中アルコール濃度1リットルあたり0.15ミリグラム以上。

※「酒酔い運転」は、アルコール濃度とは厳密な関係がなく

「アルコール等の影響により正常な運転が困難な状態にある」ことをさす。

直立不動が可能か、歩行困難な状態ではないか、言語能力は正常かなどを調べた上で判断され、

一般的には酒気帯びの基準値以上のアルコールが検出されるのが条件だが、数値的な基準はない。


飲酒運転は厳しく罰せられます
酒気帯び運転での人身事故は即懲役です!
運転代行アフターをぜひご利用いただき
おいしいお酒を心からお楽しみくださいませ


お気軽にご利用ください
運転代行足跡イメージ
どこまでも低料金です運転代行小田原
末永くご利用下さいませ。
▼コチラクリック▼
090ー9829ー4298
より承ります。
お気軽にご利用ください。

運転代行小田原会社情報
会社情報

運転代行小田原料金表
料金表

運転代行小田原営業時間
営業時間

運転代行小田原飲酒運転の強化罰則
飲酒運転の強化罰則

運転代行とは
★運転代行とは

運転代行小田原待機料金
待機料金

運転代行小田原キャンセル料金
キャンセル料金


お問い合わせ
HOME
[PR]
LINE@TTKが始まりました。徹底的に稼ぎたい!
自由とお金を手に入れていと考えているあなたへ
最先端ビジネスノウハウ情報が手に入る。
6月後半ごろからのスタートします。
LINE@と友達になる必要があります。
友だち追加
お友達に紹介リンク